通夜とは、もともとは故人と親しかった人たちが葬儀の前夜、一晩中故人に付き添い、邪霊の進入を防ぎ、故人との別れを惜しむ儀式でした。しかし、最近の通夜は一般の弔問客を迎え、約1時間程度で終わる半通夜が大半です。意味合いも告別式に出席できない人のためのお別れ式に変わってきています。通夜の席次は棺に最も近い席が上座になります。棺に向かって右側に喪主をはじめとした遺族が座り、左側に世話役代表、友人、一般弔問客が普通です。ただし、遺族が左側に並ぶこともあります。

葬儀とは本来、故人の冥福を祈るために遺族や親族が営むもので、故人に仏弟子としての戒律を与える授戒と、極楽浄土へと導く引導を行う大切な儀式です。

告別式とは、故人の友人や知人と最後のお別れをする儀式で、葬儀に続いて会葬者全員で骨を墓地まで送ったあと、埋葬前に行う儀式でした。しかし、現在では、一般会葬者が火葬場まで同行しないようになってからは、告別式は葬儀に引き続いて同時に行うことが多くなっています。


昨今では寺院で葬儀通夜を執り行わず、セレモニーホール等での会葬が多くなってきておりますが当院では心のこもった仏殿での会葬が執り行えます。

本堂や書院(大広間)で通夜や葬儀をお寺の備え付けの祭壇で執り行うため格安で行う事ができます。
また、通夜、葬儀は全椅子席で執り行われます。(ご年配の方にはお身体の状態に関わらず、参列可能です)

観音寺では、檀信徒はもちろん一般(未入檀)の方々もお寺で葬儀・法事ができます。
(全席椅子テーブル有)檀信徒の方は、寺の斎場を利用して葬儀法要をするようお願い致します。
会葬後は、当院手作りの会席・精進料理のふるまいも提供可能です。

©2020 曹洞宗 高雲山 観音寺

プライバシーポリシー | お問合せ

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?