“活禅„
禅宗の坐禅堂には、聖僧さまと呼ばれる文殊菩薩さまが中心に安座されている事が多く、智慧の仏さまとして尊崇されています。文殊さまの教では、聞く、思う(考える)、修行(実行する)の三種の働きにより智慧が完成すると言われています。私たちの生活の中にもこの聞思修の智慧を身に付け、人間関係もフロー(ありのまま)でいられるようにしたいものですね。
また、生活の中に活かす禅を「活禅」と呼んでいます。

th

©2020 曹洞宗 高雲山 観音寺

プライバシーポリシー | お問合せ

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?